menu

あらゆる婚活パーティーを研究し、あなたに最善の情報をお届けします。[婚活パーティー徹底比較.com]

2020/08/28

高望みはしていない、けど…?

キーワード:, ,

「10歳年下のモデル級美女とじゃなきゃ結婚しない!」「年収5000万以下の男なんてイヤ!」

…なんて言っていたら、なかなか結婚できないですよね。高望みをしていると婚期が遠のくというのは男女ともに言えることだと思います。

でも、世の中には「男性の年収も学歴も気にしてないけど、婚活がうまく行かない」という女性や

「容姿や年齢は重視していないのに、なかなか恋人ができない…」と悩む男性もいます。

努力を重ねていて高望みをしていないのに、なぜ婚活がうまくいかないのでしょう?

高望み”は”していないけど…

要求が多い or 細かい

「年収2000万の男性と結婚したい!」は、その女性自身のスペックにもよりますが、かなりの高望みに思えてしまいますよね。「私は普通の男性でいい。年収は400万もあれば十分」というのは、言葉だけ見れば高望みに見えないかもしれません。しかし…

「年収400万、正社員、一人暮らし、大卒、身長170cm、中肉中背」

「普通に会話ができて、普通の倫理観を持っていて、人並みに家事ができて、金銭感覚が普通」

「次男で親と同居はせず、ギャンブルはやらず、タバコを吸わない、宗教にハマってない」

「私のことを第一に考えて愛してくれる人」

…と、”普通”を並べていたらかなりの高望みになってしまいますよね。上記の「普通」を全部抑えた人を探すより、「年収何千万!!」と一点にのみ絞って探したほうがうまくいく場合も多いんです。

要求が細かいのも恋を遠ざける要因。マッチングアプリや婚活パーティーでせっかく出会いを作っても、「時間ギリギリに来たからアウト。10分前に来るのが社会人として当たり前!」「車道側を歩かされたからブロックした」など、かなり細かいポイントで足切りしてしまう方も多くいます。それではなかなかうまくいきませんよね…。

要求を減らしてみる

こうした「高望みしていない」と言いつつ、相手への要求が非常に多い男女は婚活市場にたくさんいます。相手に無理にハイレベルな理想を押し付けていないので自身で気が付きにくいですが、”要望が多い・細かい”ことも立派な高望みと言えるでしょう。すべてに当てはまる異性を探すのは至難の業ですよね。

相手も人間ですからさまざまな欠点もあります。自分だってなんらかの欠点を抱えているでしょう。ささいな欠点などはお互い様だと思いましょう。

「これだけは譲れない!」というポイントはせいぜい3つ程度。それ以外の面についてはおおらかな目で見るのも大事です。

まとめ

これからずっと将来を共にする相手と思うと、ついつい結婚相手には多くを求めてしまいますね。希望が明確なのは決して悪いことではありませんが、ときに出会いの幅を狭めて、将来への可能性を減らしてしまっていることもあります。

「なんだか婚活がうまくいかない…」「理由がわからない…」という方は、自分の求めるものについて、今一度見直してみるのも大切です。